手の甲は露出している部分だけあってシミができやすい!

手の甲は露出している部分だけあってシミができやすい! 注目 手の甲にもハイドロキノンは効果的!


顔はしっかりUVケアしていても忘れてしまうことが多いのが体のUVケア。特に手などは顔と同じく常に露出している部分なので 知らず知らずのうちに紫外線ダメージが蓄積されて、ある日ポツンとシミができてしまっていることに気づくことがあります。


薄く小さなシミであれば肌のターンオーバーの過程で自然と排出されることもありますが、 顔と比べて体の皮膚というのはターンオーバーが遅いので消えるまでに時間がかかることもありますし、消えずに残ることもあるのでヤキモキするはずです。


そんなときはシミを漂白してくれる作用のあるハイドロキノン配合の美白美容液を使ってケアしたほうが解決までの時間を短縮できるはずです。


注意したいのは、ハイドロキノン配合の美白美容液を使って手の甲のシミをケアしている間は、手の甲のUVケアを決しておろそかにしてはいけないということです。 というのもハイドロキノンを塗布した部分というのはその強力な美白作用によってメラニン生成が極端に抑え込まれてしまうので紫外線にひどく弱くなってしまうから。


手の甲に塗った日焼け止めは手を洗うたびに落ちてしまうので顔以上にこまめに塗り直す必要があります。これを忘れてしまうと手の甲のシミは薄く小さくなるどころか 余計に悪化してひどくなってしまうことも考えられるので注意するようにしてください。ハンド用のUVクリームを使えばベタつきもなく手作業の邪魔にならないはず。


とにかくハイドロキノンを使っている最中の日焼け止めは塗り忘れ厳禁です。


手の甲のシミ対策にも! ハイドロキノン配合美白美容液<Best3>

できてしまったシミは紫外線を浴びるとさらに悪化する

できてしまったシミは紫外線を浴びるとさらに悪化する 要チェック シミができてしまった後もUVケアは大切!


シミができてしまうとつい気になって触ってしまったり、かさぶたみたいにとれないかとゴシゴシ指でこすったりしてしまいがちですが、そんなことをしても無駄なのはいうまでもありません。


むしろ摩擦の刺激で悪化してしまうことが多いです。


シミのできてしまった部分の皮膚というのは他の部分と違って何かしら異常が起きているケースがほとんどです。 必要もないのにメラニンが作り続けられていたり、表皮のターンオーバーが滞っていてメラニンが蓄積されやすい状態になっていることがよくあるんですね。


放置してしまうと、シミは大きく濃くなっていきます。そのため過剰なメラニン生成の働きを抑えるには、美白ケアすることが大切ですし、ターンオーバーを促進するようなケアを行うことでメラニンの排出を促してあげることも大切です。


そしてやっぱり忘れてはいけないのが紫外線対策です。蓄積された紫外線ダメージが表面化したのがシミなので、 その部分にさらに紫外線を浴びせれば、よりダメージは深刻化することになるのでシミはさらに悪化することになります。


シミをつくらせないためにするのがUVケアですが、シミができてしまった後もそれを悪化させないためにUVケアは必要不可欠なものです。 ハイドロキノンの効果もしっかりしたUVケアという土台があってこそ活きてくるということは覚えておいたほうがいいと思います。

美白ケアに役立つ当サイトメニュー

ハイドロキノン美容液<Best3>

ハイドロキノン配合のスポッツケア用の美白美容液から当サイト厳選の3つを紹介します。

効果がない残念な美白ケアとは?

自分が美白する目的と使っている美白美容液の機能が一致しなければ美白効果は半減します。

紫外線以外のシミの原因は?

紫外線だけがシミ・ソバカスの原因ではありません。意外な理由でもメラニンは発生します。

手の甲のシミにハイドロキノン

顔に負けないぐらい紫外線や摩擦にさらされているのが手の甲。手の甲のシミ対策とは?

シミに年をまたがせない!

シミは成長していってしまうもの。できはじめやうっすら薄いうちに対処するのがコツです。

Copyright © 2014 ハイドロキノン配合美白美容液~ランキングで厳選<Best3>· All Rights Reserved·