シミになるメラニンの発生要因は紫外線以外にもある!

シミになるメラニンの発生要因は紫外線以外にもある! 注目 メラノサイトを活性化させる誘因をチェック!


シミは表皮や真皮に沈着してしまったメラニンです。


このメラニンを生成するのが表皮の一番下にある基底層にあるメラノサイト(色素細胞)なんですが、このメラノサイトは紫外線を浴びることで 活性化してしまうので、シミを予防するには紫外線対策が必要だといわれるわけです。


そのため「紫外線対策をしっかりやっていれば新たなシミはできないはず」と思いきや意外にもできてしまうことがあるから困ってしまうんですよね。 あくまで紫外線はシミの原因の1つだと思っていたほうがいいです。


紫外線以外のメラノサイトを活性化させてしまう原因ですが、


「肌への過剰な摩擦加齢」「活性酸素」「加齢」「女性ホルモン」「ストレス」「睡眠不足」「内臓のトラブル」


といった感じでいろいろあるんですね。(※ それぞれの詳細は後述します。)


メラニンそのものは紫外線から細胞核を守るために作られるものですから、肌にとっては悪者どころか必要不可欠なものです。 ただ、紫外線を浴びすぎてターンオーバーで排出しきれない量のメラニンが生成されてしまったり、 ダメージの蓄積から肌の構造や機能が変性してしまうような状態になるとメラニンがシミとして残るようになります。


美白化粧品を使って「メラニンの生成を抑制してシミやソバカスができるのを予防する」ということはもちろんですが、 生成されてしまったメラニンをスムースに排出できるように代謝のいい肌を保つということもシミが残らないようにするためには必要なことだということは覚えておいて損しないと思います。

紫外線以外のシミの原因を詳しく解説!

肌への過剰な摩擦


肌を強くこすったり、美容液を擦り込むようにして使ったり、美顔ローラーでグリグリと強い力でマッサージしたりすることで、 肌内部で炎症が起こってしまい、その炎症がメラノサイトを活性化してメラニンを生成する誘因になってしまいます。 洗顔やクレンジングの際は特に肌をゴシゴシと強くこすったりしてしまいがちですし、自己流のピーリングを行うのも摩擦から肌の炎症を招いてしまうので注意する必要があります。

活性酸素


紫外線、ストレス、空気中に漂う化学物質、食生活、喫煙などで発生する活性酸素は、紫外線に次ぐシミの原因になるものといっても過言ではありません。 活性酸素が発生してしまうと、肌は酸化を防ぐためにチロシナーゼ酵素を活性化させます。それがメラノサイトで作られたチロシンと結合して黒色メラニンへと変化していきます。 意外かもしれませんが、早食いと大食いで発生する活性酸素が日常生活の中で発生する活性酸素では最高レベルです。

加齢


メラノサイトを刺激する因子のなかには加齢によリその影響が増すものがあります。つまり、加齢によりメラニンが作られやすくなり蓄積されやすくなるということです。 また、加齢とともに基底層の活性が低下してくることも肌のターンオーバーが遅れがちになる原因になり、メラニンが排出しづらくなるので そのまま表皮に沈着してシミになってとなります。 また、紫外線を長年浴び続けてきたことにより表皮細胞が不具合を起こすようになり、必要もないのにメラノサイトを活性化させてメラニンを過剰生成してしまうことも起こるようになります。

女性ホルモン


生理前や妊娠中などはシミができやすいといわれることからもわかるように女性ホルモンとメラニン色素には密接な関係があります。 特に肝斑は女性ホルモンの影響が原因でできてしまうシミですよね。 女性ホルモンのなかでもプロゲステロン(黄体ホルモン)はメラノサイトを活性し、メラニン生成を促すものですから、いわゆる生理前といわれる時期と妊娠時、 それからピル(=経口避妊薬)を摂取しているときはシミができやすく、紫外線に対する感受性が高くなるので注意が必要です。

ストレス


現代人には避けることができないストレスですが、ストレスを長期間受け続けることで活性酸素が発生するというのがまずメラニンが増えてしまう理由の1つ。 それからストレスに対抗するため脳下垂体から副腎皮質ホルモンと男性ホルモンが分泌されることでホルモンバランスが乱れるうえ、 脳下垂体の中葉から分泌されるメラニン色素細胞の拡大・増殖に関わるホルモンの分泌にも影響を与えるのでメラニンの過剰生成につながるといわれています。

睡眠不足


睡眠中は成長ホルモンをはじめとする重要なホルモンが分泌される皮膚の再生や修復には欠かせない時間ですが、睡眠不足となるとそれらのホルモンの恩恵を受けられないばかりか 皮膚の再生や修復ができませんから栄養不足や酸素不足から肌が正常な機能を果たせなくなってしまいます。 日中受けた肌のダメージが修復されることもありませんし、肌のターンオーバーも乱れて代謝機能が落ちるため、シミができやすくなります。

腎臓や肝機能の低下


非常にレアケースですが腎臓や肝臓の機能が低下すると、シミができやすくなります。 肝機能が低下することでメラニンの黒化を抑制している「グルタチオン」の合成が不足し、黒色メラニンが増加するのでシミどころではなく露出している肌全体が黒くなります。 また、副腎の機能が低下すると、メラニン色素刺激ホルモンの抑制が効かなくなるのでメラニンが過剰に生成されることもシミができやすくなる理由の1つです。 腎臓や肝機能の低下という問題はシミを気にしている場合ではありません。

美白ケアに役立つ当サイトメニュー

ハイドロキノン美容液<Best3>

ハイドロキノン配合のスポッツケア用の美白美容液から当サイト厳選の3つを紹介します。

効果がない残念な美白ケアとは?

自分が美白する目的と使っている美白美容液の機能が一致しなければ美白効果は半減します。

紫外線以外のシミの原因は?

紫外線だけがシミ・ソバカスの原因ではありません。意外な理由でもメラニンは発生します。

手の甲のシミにハイドロキノン

顔に負けないぐらい紫外線や摩擦にさらされているのが手の甲。手の甲のシミ対策とは?

シミに年をまたがせない!

シミは成長していってしまうもの。できはじめやうっすら薄いうちに対処するのがコツです。

Copyright © 2014 ハイドロキノン配合美白美容液~ランキングで厳選<Best3>· All Rights Reserved·