医薬部外品の美白成分は「シミ予防」の効果しかない!

医薬部外品の美白成分は「シミ予防」の効果しかない! 注目 シミを予防するのか、消したいのか?


厚生労働省が認可している美白成分を配合した美白美容液というのは医薬部外品という表記があります。国から効果のお墨付きをいただいているということで 医薬部外品かどうかで美白美容液を選んでいる人もいるんじゃないかと思います。


刺激や安全性、それから効果について厳しい品質チェックがされているので医薬部外品を選ぶというのは安心というのは確かにその通りなんですが、 自分が得たい美白効果や実感が得られるかというとそれはまた別問題なんです。


医薬部外品の美白成分が配合されている美白化粧品は「薬用」という表記があることもありますが、こうした薬用美白化粧品や美白美容液というものを使っても シミを薄くしたり、小さくすることは無理だということです。


理由は簡単で、薬用美白化粧品や医薬部外品の美白成分というのはあくまで「メラニンの生成を抑制してシミやソバカスができるのを予防する効果」が認められたものであって できてしまったシミやソバカス、肝斑をどうにかするというものではないからです。


すごく強引にいってしまうと、ハイドロキノン以外の美白成分はすべてシミができるのを防ぐ予防美白に効果を発揮する美白成分だということです。 なので、CMをやっていたり、女性誌に載っているような美白美容液を使ってお肌のお手入れをしてもシミ・そばかす・肝斑がキレイになることはないです。


今一度、自分が美白する目的はシミを予防したいからか、それとも今ある頬や目元にできてしまったシミや色素沈着をなくしたいからかなのか? をはっきりさせるようにしましょう。できてしまったシミや色素沈着についてはハイドロキノン配合の美白美容液を使ってお手入れするのが一番効果的があります。


今あるシミ、色素沈着の対策 ハイドロキノン配合美白美容液<Best3>

美白成分を浸透させようと肌に刺激と摩擦を加えていませんか?

美白成分を浸透させようと肌に刺激と摩擦を加えていませんか? 要チェック 肌への摩擦はメラニン発生の原因になる


特に美白成分を肌の奥に届けたい美白ケアはついつい美白美容液もすりこむように肌にこすり付けて使いがち。 「シミ消えろーー」と力が入るほど、肌の奥に浸透するどころか刺激になって逆効果になっています。


マイクロスコープなどを使って肌表面がどうなっているか確認するのが一番わかりやすいんですが、 美白を頑張る女性の多くは肌を擦りすぎていて特に頬などはキメがなくなってしまっていることがほとんどです。


肌を擦って刺激を加えることの一番の怖さは肌内部で炎症が起きてしまうことなんです。炎症はメラニンを発生させる原因の1つなので せっかく美白成分を与えてメラニンの発生を抑えていても摩擦で炎症を引き起こし、メラニンを発生させていてはその効果も消えてしまうんですね。


頬の高いところや目元などはシミや肝斑などができやすいところでもありますし、ついつい触ったり、擦ったりしがちな部分なんですが、 肌のこと、美白のことを考えると肌はできるだけ触らないほうがいいし、触るときは本当にやさしいソフトタッチじゃないとダメなんです。


炎症でいうと肌を触るという物理的な刺激もそうですが、合わない化粧品を無理して使うというのも肌内部で炎症が起こるきっかけになります。 美白ケアなどでも多少刺激があるほうが肌に効いていると勘違いしている人がいますが、そんなことはないです。


「刺激=炎症」なので、ヒリヒリやピリピリを感じた時点でその化粧品は使うのは中止してください。肌がきれいになるどころか汚肌まっしぐらですから。 低刺激設計のものを選ぶこと、トライアルセットを使う意味というのもここにあります。本商品を使う前に肌への刺激や使用感を確かめて見極めることが必要です。


ハイドロキノンはお試しできる? 詳細はコチラ

美白ケアに役立つ当サイトメニュー

ハイドロキノン美容液<Best3>

ハイドロキノン配合のスポッツケア用の美白美容液から当サイト厳選の3つを紹介します。

効果がない残念な美白ケアとは?

自分が美白する目的と使っている美白美容液の機能が一致しなければ美白効果は半減します。

紫外線以外のシミの原因は?

紫外線だけがシミ・ソバカスの原因ではありません。意外な理由でもメラニンは発生します。

手の甲のシミにハイドロキノン

顔に負けないぐらい紫外線や摩擦にさらされているのが手の甲。手の甲のシミ対策とは?

シミに年をまたがせない!

シミは成長していってしまうもの。できはじめやうっすら薄いうちに対処するのがコツです。

Copyright © 2014 ハイドロキノン配合美白美容液~ランキングで厳選<Best3>· All Rights Reserved·